diskunion新宿中古センター
当店は全ジャンル(CLASSIC除く)を取り扱う都内最大規模の中古専門店です TEL: 03-5367-9530 営業時間: 11:00-21:00(日・祝-20:00)
diskunion新宿中古センターTwitter diskunion新宿中古センターfacebook diskunion新宿中古センターInstagram diskunion新宿中古センターLINE

3/1(土) 新木場スタジオ・コースト ~ BRITISH ANTHEMS 2008

BRITISH A.jpg


余力がある内にどんどん書かないと・・・というわけで、すっかりお馴染みとなったUKロック
の祭典、ブリティッシュ・アンセムズ08の参戦レポをお届けします。

今回は出演アーティストの・・・知名度とかの問題もあってか、去年12月に開催された時
の盛況と比べたら正直寂しい客足ではあった。まあその分ゆったりじっくり全てのバンドを
観る事ができたから、いいような悪いような。

とにかく、いつも通り全部のアクトを観たので、順番にレポってみます。

文責・某アルバイト
NICO Touches the Walls

日本のバンドが前座を務めるのは、もう決まりみたいなものなのかな。様子見のお客さん
がほとんどではあったけど、なかなかの熱演を見せた。メンバー全員が85年生まれという
ことはまさにアークティック・モンキーズな世代だが、彼らの音楽を生で聴いて感じたのは、
90年代の日本の名バンド達の香り。ミッシェル、ブランキー、グレイプバイン、ちょっとだけ
バンプにイエモンとかも。フロント3人の華のあるルックスっていうのも武器だろう。特に
ヴォーカリストにはフロントマンとしての才能が感じられたし、最近の日本のロック・バンド
にありがちな「演奏は上手いけどヴォーカルがてんでダメ」ってのも無い。まだまだ個性と
いう面では弱い部分もあるが、今後大きな存在になるかもしれないなあ。

THESE NEW PURITANS

美形双子を擁する4人組。いかにもNMEとかが飛びつきそうなバンドだが、初来日に
して結構なインパクトを残していった。冒頭はいかにもなポスト・パンクで、別に演奏も
上手くないしなあ・・・とか思っていたのだが、中盤から後半にかけて、徐々に妖しさが
増していき、原始的で生々しい暗黒NEW WAVEな世界にぐいぐい引き込まれていく。
80年代NYの地下シーンに、UK伝統の漆黒が交差していくような・・・ラストの曲で
双子2人が一心不乱にパーカッションを叩き続ける様が、妖しくもいかしてた。
ただ、ボーカル&ギターが少しだけ弱かったかな。

QUEENADREENA

・・・実は、今回のイベントはこのクイーンアドリナを語るだけで全部終わってしまう
なあ、とか思ったほどに、凄すぎるライブだった。クイーンアドリナとしては、奇跡かつまさか
の初来日である。ほぼ最前列でじっくりと観ていたが、バンドの、そして個人的にはあえ
て「メタル・ミッキー」(©SUEDE)と呼びたいケイティの存在感はあまりにも凄すぎて、逆に
今回のイベントでは浮きまくってた。彼女ら目当てのファンも多数いたし、30分だか
40分のライブで、完璧に場の空気を一変させてしまったのだ。

今年で40歳になるというのが信じられんケイティ、裸にボロボロのドレス(っていうか布)を
身に纏い、ロリ声で妖しく囁き、強烈な絶叫でアジテイトする様はあまりに衝撃的。
モニターを三角木馬のように見立てて悶えてみたり、ステージを転げまわったり、用意
した椅子に恐る恐る立ち上がってみたり・・・だけどそれが不思議と下品に見えない
のは、彼女の持っているオーラのおかげか。相方のクリスピンも、往年のロック・スター
風の格好で、低く構えたファイアーバードも良くお似合いでカッコいい。ベースの女の子
もクールで、唯一健康そうに見えた(笑)ドラムスもタイトな演奏だ。既に長々と書いて
しまっているのでこの辺で止めておくが、最後に1つだけ。ラストの曲で1人残された
ケイティがアカペラで歌い上げ、笑顔を見せた瞬間、

「単独公演行けば良かった」と思いっ切り後悔したのであった。

SCOUTING FOR GIRLS

クイーンアドリナから180度音楽性は変わって、耳の早いUKロック好きにはとっくに話題
だったピアノ・トリオの登場だ。メンバーはとーーーっても地味ではあるけど、中学生でも
解るような歌詞と素晴らしいメロディーで、彼らのアルバムは全英一位を奪取した。
今回のライブもごくシンプルなステージだったが、彼らの曲の素晴らしさは十二分に味わ
えた。というか、あまりにも楽しそうにライブをするものだから、何だか観ているこっちまで
嬉しくなってしまった。そして、感動させられた。大げさな話、こういうバンドが一位になる
イギリスの音楽シーンは、日本と比べて健全だなあと思うよ。フツーにいい曲、でも
それを実際に作ることって凄く難しいことだ。ラストの“She's So Lovely”では合唱も生ま
れ、彼らの音楽の浸透度を早くも証明してみせた、いいライブだった。

DOES IT OFFEND YOU,YEAH?

とにかくギターとシンセを操る黒人メンバーの陽気なパフォーマンスが印象に残った。
こういうクラブ的要素とパンキッシュな音楽の融合、ってな感じの音楽は、それほど
積極的には聴かないしむしろ食傷気味ではあったのだけど、ライブで観るとやっぱ
盛り上がりますね。エンター・シカリくらいに突き抜けている方が個人的には好みだけ
ど、彼らもまた頭の固いこだわりなんぞハナから持ち合わせない、実に今時な感性で
キッズ達を躍らせた。ベースが生ってのもベーシストとしてはポイント高いっすね。

JOE LEAN&THE JING JANG JONG

元ピペッツのバック・バンドのドラマーなんて肩書きは知らなくてもいい情報でしょう。
彼らはとにかくイキのいい、カッコ良すぎな若手バンドだ。まー驚くほどの美形が
揃った(ベーシストだけユーモラスなルックスだったが・・・)バンドではあるが、なかなか
骨太な演奏で魅せてくれた。フロントマンのジョーは、「こいつブレット・アンダーソン
大好きなんじゃねーかな」と思わせるクネクネしたパフォーマンスで、ストロークスから
リバティン以降のポップかつガレージなロックをぶちかました。楽曲も粒揃いで、
いつになるかは解らないがアルバム・リリースが楽しみ!!

GRAPEVINE

何だかんだで最前列で観てしまった。自分が彼らを聴いていたのは・・・そうだな、確か
サードくらいまで? つまりほとんど追いかけてないに等しい・・・ですねえ。昔のヒット曲
は全然やらなかったが、10年選手らしい落ち着いたロックでグレイプバイン節を披露
した。淡々とマイペースでここまでキャリアを積み上げてきたことも素晴らしいが、実際
に生で観る彼らのライブもまた良かった。さりげなく7拍子のリフを取り入れてみたり、と
プレイヤビリティの高さも証明。サポートのベーシストの上手さには度肝を抜かれたが、
メンバー全員のアンサンブルは気持ちいいグルーヴを生み出して、楽曲を知らなくとも
いい気分にさせてくれたのだった。

THE WOMBATS

トリ・・・を務めるにしてはちょっと弱いんじゃないかと思っていたのだけど、この日では
一番お客さんが入っていたので一安心。音楽系の大学を出ているだけあって、
荒々しいながらも安定したライブで堂々とトリを務めた。リヴァプールの伝統とでも
言うべきキラキラ感溢れるギターポップを基調としつつも、フロアで踊る今時の若者の
感性と音楽理論をきちんと学んだ経歴を踏まえた音楽性が、彼らを面白い存在
にしているのだろう。何とNMEアワードで並み居る強豪を押しのけて、ダンス・ソングの
賞を獲得したという“Let's Dance To Joy Division”なんかは、ブラーみたいな
ブリット・ポップを00年代にアップデイトしたような楽曲だと思うし。
とはいえ・・・個人的に、ごく個人的にはそれほど光るモノが感じられなかったのも事実
ではある・・・いいバンドだとは思うけど。


以上、頑張ってレポってみましたが、この一週間後には同じ場所でアークエネミーを
観ることになるんだよなあ・・・その節操の無さをいつまで続けられるかが、最近の課題
になりつつある28歳の今日この頃であった。


文責・某アルバイト

拍手[0回]

ブログ内検索

INFORMATION

店舗情報


ディスクユニオン新宿中古センター
営業時間:
11:00-21:00(日・祝 11:00-20:00)

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-17-5
カワセビル3F
TEL: 03-5367-9530
E-mail: ds11@diskunion.co.jp

新宿買取センター 併設
フリーダイヤル: 0120-582-970
(携帯電話: 03-3358-2890)

当店は全ジャンル(同ビル8Fに専門フロアのあるクラシックを除く)のCD・レコード・DVD・Blu-rayをメインに取り揃えた都内最大規模の中古専門店です。 新宿買取センターも併設しており、CD・DVDの買取持込量はディスクユニオンのTOPを誇ります。 買取は年中無休で受付けております。



買取のご依頼

 
0120-582-970 へ
携帯からは 03-3358-2890

無料で梱包キットお送りします   

お荷物の集荷をいたします

メールで問合せ 
ds11@diskunion.co.jp へ

高価買取リスト

店舗在庫検索サービス

ディスクユニオン店舗在庫検索サービスは、ご登録いただいたお客様向けの限定サービスとなっております。

メールマガジンサービス

当店のメールマガジンは、買取キャンペーンや割引セール、廃盤セールなどの催しをお知らせいたします。又、メルマガ会員様のみにお知らせするお買い得なセールも不定期にて開催!!是非ご利用下さい!!

Twitter

facebook

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 3
5 9
20 22
26 27 28 29 30

東京都の天気

ACCESS TOOL