diskunion新宿中古センター
当店は全ジャンル(CLASSIC除く)を取り扱う都内最大規模の中古専門店です TEL: 03-5367-9530 営業時間: 11:00-21:00(日・祝-20:00)
diskunion新宿中古センターTwitter diskunion新宿中古センターfacebook diskunion新宿中古センターInstagram diskunion新宿中古センターLINE

12/24(金) 東京ドーム ~ LUNA SEA再結成公演レポ①。

lunasea071224.gif



BRITISH ANTHEMSやTHE ENEMYなど、このブログに書くべきライブ・レポを全て
すっ飛ばして、こうして書いているのはLUNA SEAの再結成公演。
以前書いた通り、ここのブログではライブを観た順に時系列で書くことが個人的な決まり
なので、上記のレポは割愛ってことで。忙しかったというのもありますが、それでもルナシー
に関してはこうして真っ先にレポっている理由は、まあ何というか・・・思い入れの差です。
とりあえず、ここを観て頂いている方々のほとんどが興味無いかと思われるので、かなり
生暖かい目でスルーしてもらえると幸いです。


文責・某アルバイト
「頼む、やめてくれ」

再結成の第一報を聞いた時に、個人的に発した言葉。結局こうしてライブを観てきた
わけだけど、正直ライブ開始直前まで複雑な心境だった。まあこの辺りの事をずらずらと
書いていたら今夜は眠れないことになるので、拾ってきたセットリストと記憶とを
照らし合わせながら、順にレポってみようと思う。


1.LOVELESS

1時間押しという大御所ならではの焦らしの後で、ようやく開演したかと思えば、まさかの
この曲。途端に、自分の中で燻っていた色んなモノは全部消えた。だって、スギ様の
トリプル・ネック姿をまさかもう一度観る事になろうとは。だだっ広い東京ドーム、しかも
二階席後ろの席だったけど、スクリーンに映る5人は、紛れも無いルナシーだった。

2.Dejavu

で、デジャブ。何でしょうねこの流れ。あまりにお約束、あまりに反則。ちょっと演奏が
かみ合ってない。でも、自分の知っているルナシーがいる。広い舞台を走り回る彼ら、
驚くほどに楽しそうに見えた。シンコペーション全開のリズム、ランニング・ベース、
シャリシャリしたバッキング・ギター、ロング・トーンなギター・ソロ・・・全てがビジュアル
系の基礎。基本。悪い意味で使っているのではなく、彼らこそがオリジナルな存在なのだ
と言いたいのだ。

3.JESUS

最初のMCでゆっくりとサングラスを取る、というRYUらしいナルシスな演出を挟み、
まさかのこの曲。まさにジーザス。Jの重いベース・ラインが最高過ぎる。この辺り
から、ルナシーならではのグルーヴ感が徐々にではあるが戻ってきたと思う。

♪JESUS,DON'T YOU LOVE ME?♪

4.SLAVE

ある意味、ルナシーのテーマ曲。ファンクラブの名前にもなっているこの曲、当然
盛り上がらないわけがない。古い曲だし、ノスタルジーだけで終わってしまうかと思った
りもしたのだけど、解散前と変わらない、でも現在進行形でもある5人なのが、
何だかほっとしたような気もした。しかし、どの曲も頭から歌える自分が恐ろしい・・・。

5.END OF SORROW

非常に複雑なフレーズが絡み合うこの楽曲。真矢のドラムスも神業級だ。やはり往年の
バンド・マジックを生む出すまでには至らなかったけど、カッコいい。やっぱ。

6.TRUE BLUE

これ、最初は笑ってしまった。「これだけはやらないだろ」って連れと話していた曲の
1つだったから。たぶん、「STYLE」以降はそれほどやってない曲だったはず。シングル
曲の割には。たぶんあのPVも含めて、ちょっと気恥ずかしさが(たぶん、特にSUGIZO
が)あったのではないかと思うのだけど、まさかここで聴けるとはなあ。

7.FACE TO FACE

この曲、たぶんメンバーがやっていて楽しい曲なのだろう。自分も大好きだけど、正直
お客さんの反応は微妙だった。それでもこの曲って現役時代も頻繁にやっていたから、
やっぱりそれはメンバーの思い入れなんじゃないか、と。

8.Gravity

個人的にルナシーのラスト・アルバムでいいと思えるのはこれとAM4:00だけ。どちらも
INORANが原曲の作品、っていうのもアレなんだけど、こういう曲をヒットさせていた
彼らはやはり凄い。不思議な曲だもの。ポップでもロックでもない、まさにルナシーな
曲。あの時よりも遥かに歌唱力の増したRYUの歌声も、変なクセが無くなって、
素直になっていた。

9.RA-SE-N

FACE TO FACEに続いて、お客さんはノリにくいけど、きっとメンバーが気に入っている
のだろう曲。もちろん自分も大好きだ。5拍子のリズムからドラマティックに展開していく
この曲も、まさにルナシーにしか作れない音世界。最高。

10.Providence

ガット・ギターが見えたので、ああもしやと思ったがやはりやってくれました。RYUが1人
花道に立ち、SUGIZOのヴァイオリンと共に絶唱。このワルツのリズム、このメロディー。
こんな曲が作れるのも、やはりルナシーだけだ。

11.MOON

ディレイ全開のギターの調べが鳴り響き、Providenceに続いてワルツ大会。やっぱり
ルナシーは3連とかワルツのリズムの曲が多いことを改めて認識した。そういえば、
個人的に最初にまともに作れた曲も、3連だった。やはり影響大なんだなあ。

ドラム・ソロ~ ドラム&ベース・セッション

お約束通りの展開だけど、やはり燃える。再確認したのは、真矢のドラムスはやはり
日本屈指だったということ。

「うりゃあ!!」「シンヤー!!」

なコール&レスポンスもあまりにお約束だが、これが無いと始まらないのですよ。
もうすっかりパパの顔、もっと言えばオッチャンになってはいたが、ドラムの化身と
いってもいいほどの姿。まあ、かなりゼーハーゼーハ言ってたのはご愛嬌(笑)。
「もっとこいよ~」の煽りもあったし、5万人以上の観客をドラムスだけで沸かすこと
なんて、一流のドラマーでもなかなかできるもんじゃないだろう。

で、Jが絡んでくれば、日本屈指のリズム隊の独壇場。Jのソロ作にも入っていた
インスト曲を披露、やはり死ぬほどカッコいい。ベーシストという存在をこれほどカッコ
良くしたのは、彼の貢献がでかいのだ。事実、Jに憧れてベースを始めた人間が
ここにもいるし(ようするに自分です)。


・・・さて、あまりにも長くなりそうなのでここらで中断。後半戦もすぐにレポートをアップ
しますので、乞うご期待(してない?)。


文責・某アルバイト

拍手[2回]

ブログ内検索

INFORMATION

店舗情報


ディスクユニオン新宿中古センター
営業時間:
11:00-21:00(日・祝 11:00-20:00)

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-17-5
カワセビル3F
TEL: 03-5367-9530
E-mail: ds11@diskunion.co.jp

新宿買取センター 併設
フリーダイヤル: 0120-582-970
(携帯電話: 03-3358-2890)

当店は全ジャンル(同ビル8Fに専門フロアのあるクラシックを除く)のCD・レコード・DVD・Blu-rayをメインに取り揃えた都内最大規模の中古専門店です。 新宿買取センターも併設しており、CD・DVDの買取持込量はディスクユニオンのTOPを誇ります。 買取は年中無休で受付けております。



買取のご依頼

 
0120-582-970 へ
携帯からは 03-3358-2890

無料で梱包キットお送りします   

お荷物の集荷をいたします

メールで問合せ 
ds11@diskunion.co.jp へ

高価買取リスト

店舗在庫検索サービス

ディスクユニオン店舗在庫検索サービスは、ご登録いただいたお客様向けの限定サービスとなっております。

メールマガジンサービス

当店のメールマガジンは、買取キャンペーンや割引セール、廃盤セールなどの催しをお知らせいたします。又、メルマガ会員様のみにお知らせするお買い得なセールも不定期にて開催!!是非ご利用下さい!!

Twitter

facebook

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 6
25 26 27 28 29
30 31

東京都の天気

ACCESS TOOL