diskunion新宿中古センター
当店は全ジャンル(CLASSIC除く)を取り扱う都内最大規模の中古専門店です TEL: 03-5367-9530 営業時間: 11:00-21:00(日・祝-20:00)
diskunion新宿中古センターTwitter diskunion新宿中古センターfacebook diskunion新宿中古センターInstagram diskunion新宿中古センターLINE

9/27(木) 渋谷O-NEST ~ Pelican来日公演!!

pelican.jpg


現在、つい数時間前のBattlesのライブを観た興奮冷めやらぬ状態で書いてます。が、
まずは昨日参戦した耽美系インスト・ヘヴィーロックバンド、Pelican来日公演に参戦して
きたのでそのレポを。今回は日本からはEnvy、そしてSUNN O)))のStephen O'Malleyと
Editions Mego主宰者、PITAの2人からなるKTLがツアーに同行しているのだが、自分
が観たツアー最終日の公演は、KTLのみが帯同。NESTで観るライブはいつも濃い内容
のものばかりだけど、今回も濃ゆーいイベントなった。以下レポをどうぞ。



KTL

開演時刻から30分遅れで始まったライブ。最初に登場したのはラップトップを操るPITA。
その後Stephenが現れたが、鬼のようにスモークが焚かれ、正直シルエットしか見えない
異様な状況。しばしStephenがちょっとオリエンタルなフレーズをギターで奏でつつ、徐々に
電子ノイズとギターノイズが重なり、途方も無く暗黒な音響大会が繰り広げられる。
曲がどうのとかではなく、とにかく凄まじい音圧だ。僅かながらにビート的なものが鳴る
瞬間もあったが、基本はノイズの洪水。ある意味、シューゲイザーの変形型のような気も
したが、メロディーも無く、叙情性の欠片もない音世界だ。しかもスモークが絶え間なく
フロアを包んでいるものだから、ステージ上で何が行われているかほとんど解らない。
そのまま約30分間、ノイズの嵐を叩きつけてライブは終了。両手の平を合わせてお辞儀
を繰り返していたStephenの長髪から覗く素顔は、なかなかのイケメンだったということ
を付け加えておこう(笑)。


Pelican

セッティング時にベースのエフェクターの調子が悪かったようで、少し待たされつつライブは
スタート。またまたスモークがモクモクしつつも、ステージ上のメンバー4人はいたって普通
の兄ちゃん達。しかし最新作1曲目の「Bliss In Concrete」が始まった瞬間に、場の空気が
ピンと張り詰めた。立て続けにアルバム順通りに「Bliss In Concrete」。印象的なリフに
少しずつ音が重なっていき、ヘヴィーな展開へと行き来する様に完全に持っていかれた。
CDよりライブの方が断然カッコいいし、ハードコア魂全開の熱いパフォーマンスも良い。

こうして実際にライブを観て頭の中で浮かんできたのは、「声無きスマパン」といったもの。
静と動を行き来する轟音バンドという意味で、彼らはモグワイやシガーロス、それこそ
アイシスらともまた違った存在だと思う。特に最新作に顕著な、徹底した美意識というか
耽美的要素というか・・・いくつかのテーマ的なリフがあって、そこから発展していく様も、
90年代オルタナ的だと感じる。卓越したミュージシャン、というわけではないが、とにかく
美しいヘヴィー・ミュージック。これ、一部のマニアだけに聴かれているのってホントに
もったいないって!

本編ラストの「Red Ran Amber」が白眉。途中、マイブラばりの轟音が狭いフロアを包んで
いく瞬間は、正直逝きそうになりました。元々彼らの曲は長いけれども、ずっと聴いていた
いと思ってしまうような、カタルシス。素晴らしい。
結局アンコールでも10分強の轟音をブチかまして、ラストはフィードバック・ノイズが延々と
続く中、ライブは終了。やっぱりスモーク全開で、床にのたうちまわって陶酔しているように
見えたメンバーの姿、よく解らなかったけれども(笑)。

というわけで、どちらも興味深いライブでした。Pelicanに関していえば、今年トップ5に入る
かもしれないなあ。もちろん不満点もあったけど、CDではモタリ気味に聴こえたドラムスも
思ったより頑張っていたし、全体的に非常に「ロック」だったことが、個人的には良かった。
たぶん、ポストロック系やエクスペリメンタルな音を中心に聴いている人には、そこが不満
に思えてしまうのかもなあ。普通のロックを聴く人には、メタリック過ぎるしヘヴィー過ぎる、
みたいな。だからこそ、もっと広い分野で聴かれてもいい音楽だと思う・・・個人的には。
そういう意味でも、次はもっと大きな舞台で観てみたい。それが可能なバンドだと思う。



文責・某アルバイト

拍手[0回]

店舗情報


ディスクユニオン新宿中古センター
営業時間:
11:00-21:00(日・祝 11:00-20:00)

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-17-5
カワセビル3F
TEL: 03-5367-9530
E-mail: ds11@diskunion.co.jp

新宿買取センター 併設
フリーダイヤル: 0120-582-970
(携帯電話: 03-3358-2890)
上記番号にご連絡頂く際に、間違い電話となってしまい一般の方へご迷惑をおかけする事象が多発しております。電話番号をよくお確かめのうえご連絡いただくようお願い申し上げます。

当店は全ジャンル(同ビル8Fに専門フロアのあるクラシックを除く)のCD・レコード・DVD・Blu-rayをメインに取り揃えた都内最大規模の中古専門店です。 新宿買取センターも併設しており、CD・DVDの買取持込量はディスクユニオンのTOPを誇ります。 買取は年中無休で受付けております。



INFORMATION

ブログ内検索

買取のご依頼

 
0120-582-970 へ
携帯からは 03-3358-2890

無料で梱包キットお送りします   

お荷物の集荷をいたします

メールで問合せ 
ds11@diskunion.co.jp へ

高価買取リスト

店舗在庫検索サービス

ディスクユニオン店舗在庫検索サービスは、ご登録いただいたお客様向けの限定サービスとなっております。

メールマガジンサービス

当店のメールマガジンは、買取キャンペーンや割引セール、廃盤セールなどの催しをお知らせいたします。又、メルマガ会員様のみにお知らせするお買い得なセールも不定期にて開催!!是非ご利用下さい!!

Twitter

facebook

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
18 19 20
24 26 27 28 29 30

東京都の天気

ACCESS TOOL