diskunion新宿中古センター
当店は全ジャンル(CLASSIC除く)を取り扱う都内最大規模の中古専門店です TEL: 03-5367-9530 営業時間: 11:00-21:00(日・祝-20:00)
diskunion新宿中古センターTwitter diskunion新宿中古センターfacebook diskunion新宿中古センターInstagram diskunion新宿中古センターLINE

1/13(土) 恵比寿リキッドルーム ~ALBUM LEAF来日レポ!!

albumleaf.jpg


2007年も出来る限りライブを観に行きます!! というわけで、新年一発目の来日公演レポは
サンディエゴの才人、ジミーラヴェルのソロプロジェクトであるALBUM LEAFです。
前回の来日から1年という割と短いスパンで戻ってきてくれた事に、まずは感謝ですね。
今回のハコは恵比寿リキッドルーム。実はこのブログにレポをアップするのを忘れていた
のですが、数ヶ月前に同僚F:H氏と65DAYSOFSTATICを観に行って以来ですね。

そんなわけで向かったリキッドルーム。自分が会場入りした時点では、お客さんの数は
少なめ。フロアの端っこにあった、段差があるところに座って待機していると、開演時間に
近づく頃には、フロアのみならず後ろの方までかなりの人で埋まっていた。
今回は、かの山本精一氏が新たに立ち上げたプロジェクト、PARAが前座を務めると
いうことで、以下二バンドを順にレポします。


PARA

山本精一氏といえば、日本地下シーンの重鎮ギターリスト。数え切れないほどのバンド
やプロジェクトで活動している彼をライブで観る事になろうとは。自分の興味の範囲外と
いうのが事実なので、たまたまとはいえ、音源も聴かずにライブを観る、というある種の
サプライズはとても楽しみなこと。去年のBRITISH ANTHEMSでのくるりもそうだったし。

開演時刻ちょうどくらいに、山本氏の短い挨拶と共にライブは始まった。ギターが二人に
ドラムス、シンセ担当が二人(ラップトップパソコンも操っていたと思う)という計五人での
ライブは、全く音源を知らない自分にとってはなかなかの衝撃を与えるものだった。
最初に感じたのは、BATTLES。似たような単音フレーズを反復して、ミニマムに
進行していく様はまさにって感じ。何とPORAとしてのライブはこれが二回目ということ
なのだが、そこはベテラン。確かに最初はぎこちなさもあった気がするけど、すぐに五人の
ケミストリーが生まれ始めた。1曲が大体10分以上で、曲の後半からはインプロ合戦的な
展開を見せる。シガーロスかモグワイか、と思わせるダイナミズムもありつつも、基本は
メロディアスなマスロックとでも形容すべきか。そう、この音楽は凄くポップでメロディアス
だなあと感じましたね。すんごいアヴァンギャルドな音楽を連想していたので余計にそう
感じたのかも。途中MCで、「変な音楽ですいません」みたいな事を山本氏は仰っていた
けど、決して難解な音楽ではないと思う。むしろポストロックが好きな方には強くアピール
するであろう音世界。しかも現在進行形の音だということが重要だと思う。個人的には。
長いキャリアを持ちながらも、斬新さや音楽に対する好奇心を失わない姿勢は、本当に
素晴らしいことだ。自分も見習いたいものです。
結局45分ほどのライブで計4曲。アヴァンギャルドな攻撃性とポップさが融合した、いい
ライブでした!! 無造作にコラージュされた映像が終始流れていたのだけど、それも音楽性
にばっちりはまっていたと思います・・・。


ALBUM LEAF

アルバムリーフの出番を待つ頃には、お客さんの数はほぼ満員状態に。端っこの段差の
上に立って観ていたので、一面お客さんで埋まっていることが確認できた。前回の来日
よりも、確実に待たれていた感が強い。日本でも熱心なファンが定着してきた証拠だろう。

午後8時を過ぎた辺りで、客電が落ち、中心人物ジミー・ラヴェルが一人でステージに
姿を現した。そして、何やらシンセをいじくり始め、自由気ままにノイズを発散させる。
前回の来日とは違う展開に、思わず笑顔になる自分。その後、メンバーがそれぞれの
配置について、最新作「INTO THE BLUE AGAIN」の一曲目のイントロが聴こえ
てきた瞬間、場内は一気にアルバム・リーフ色に。そのままアルバムの順番通りに、
ボーカル入りの名曲「ALWAYS FOR YOU」を披露。ボーカルはジミー本人と
(エモい声なんだなこれが)メンバーが担当。何というか一瞬だけど、ピアノで弾き語る
シンガーソングライターのように見えてしまった。ジミーの事が。少しずつボーカル入りの
曲が増えているのも事実なので、いつかはボーカル・アルバムも作るのかも。
そんな事を思うのも、ジミーのメロディーセンスがあまりにも素晴らしいから。シンプル
なフレーズなのに、日本人の心を揺さぶる、情緒溢れるメロディー。凡百のポストロック
バンドと彼の違いは、まずそこにある。そして、ライブならではのバンドアンサンブル。
それぞれがマルチプレイヤーなメンバーが生み出す音は、どれもが必然として鳴って
いる気がした。ノイズに電子音、ヴァイオリンの弦をこする音、グリッチノイズ・・・その
どれもが必要不可欠なものなのだ。
機材トラブルでもあったのか、少しだけ間が空いて「ソーリー」などとおどけてみせる場面
もありつつ、ライブは和やかに進行。最初にジミーが「また戻ってこれて嬉しい」とMCして
いたのも踏まえると、前述した通りここ日本におけるファンとアルバム・リーフとの関係は、
より強固なものになっているのだろう。曲が終わるごとに大きな拍手が巻き起こるのも、
当然といえる結果でしょう。
最新作をメインとしたセットリストだが、これまたボーカル入りの名曲「ON YOUR WAY
が始まった瞬間、思わず無意味なガッツポーズを決めてしまいました(アホ)。
バックで流れる映像はそれぞれの曲とリンクしていて、前回よりも重要な要素になって
いるようだった。その効果も相まって、感動も更に増していく。いやあ、ホント最高。
アンコールにも応えてくれて、傑作「IN A SAFE PLACE」から「THULE」を披露。
この展開はヤバイ。「最高!!!」とかいう声が上がったのも、凄い解る。自分もそう思ったし。
ラストの曲が終わると、ジミーは満面の笑みで拍手に応え、よほど楽しかったのかドラム
の上に立ってデジカメで観客を激写。メンバー共々満足そうにステージを去っていった。
もちろん自分も大満足だ。終わってみれば、1時間半もやってくれた今回の来日公演、
新年早々今年のベストライブの一つだと言ってしまいそうな素晴らしさでした!!


・・・さて、明日は渋谷でジャックス・マネキンの来日公演です(笑)。


文責・某アルバイト

拍手[0回]

店舗情報


ディスクユニオン新宿中古センター
営業時間:
11:00-21:00(日・祝 11:00-20:00)

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-17-5
カワセビル3F
TEL: 03-5367-9530
E-mail: ds11@diskunion.co.jp

新宿買取センター 併設
フリーダイヤル: 0120-582-970
(携帯電話: 03-3358-2890)
上記番号にご連絡頂く際に、間違い電話となってしまい一般の方へご迷惑をおかけする事象が多発しております。電話番号をよくお確かめのうえご連絡いただくようお願い申し上げます。

当店は全ジャンル(同ビル8Fに専門フロアのあるクラシックを除く)のCD・レコード・DVD・Blu-rayをメインに取り揃えた都内最大規模の中古専門店です。 新宿買取センターも併設しており、CD・DVDの買取持込量はディスクユニオンのTOPを誇ります。 買取は年中無休で受付けております。



INFORMATION

ブログ内検索

買取のご依頼

 
0120-582-970 へ
携帯からは 03-3358-2890

無料で梱包キットお送りします   

お荷物の集荷をいたします

メールで問合せ 
ds11@diskunion.co.jp へ

高価買取リスト

店舗在庫検索サービス

ディスクユニオン店舗在庫検索サービスは、ご登録いただいたお客様向けの限定サービスとなっております。

メールマガジンサービス

当店のメールマガジンは、買取キャンペーンや割引セール、廃盤セールなどの催しをお知らせいたします。又、メルマガ会員様のみにお知らせするお買い得なセールも不定期にて開催!!是非ご利用下さい!!

Twitter

facebook

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

東京都の天気

ACCESS TOOL