diskunion新宿中古センター
CD・レコード・DVD・ブルーレイの買取はお任せ下さい!当店はオールジャンル(CLASSIC除く)を取り扱う都内最大規模の中古専門店です。
diskunion新宿中古センターTwitter diskunion新宿中古センターfacebook diskunion新宿中古センターInstagram diskunion新宿中古センターLINE

Staind

祝・スメルズ・ライク・グランジ・スピリッツ!!mF編開催!!
(詳細はこちらで)

・・・ということで、前回に引き続き、グランジな事を書かせていただきます。
今回のテーマは、タイトル通り「亜流」。というか、亜流または産業とされてしまった奴らの
話。ブームが起きれば、追従者が現れる。これは避けようの無い事実ですよね。もちろん
グランジも例外ではない。その中でも、グランジの発祥地アメリカ以外の国から出てきた、
グランジとされていたバンドを今回は紹介したいと思います。

まずはイギリス編。そのバンドの名はBUSH。はっきり言って、
雑誌等でもあまりいい評判を聞いたことがありませんねえ。デビューアルバムをリリース
したのが、1994年。カートが自殺して、ブームとしてのグランジは沈静化しつつあった。


BUSH01.jpg


どこのBON・JOVIだとか思われるかもしれませんが、BUSHのフロントマン、
Gavin Rossdaleであります。現在はバンドは解散。ギャヴィンはむしろ今となっては、
ノーダウトのセレブなボーカリスト、グウェンの夫としての方が有名かもしれませんね。
まあそれは置いておいて、デビューアルバムとなった「Sixteen Stone」が爆発的に
大ヒット。まあアメリカでだけど。ブームが下火になったとはいえ、グランジ的な音はまだ
売れた。ギャヴィンのスター性もあいまって、BUSHは一躍トップスターの仲間入り。
でも、本国イギリスでは冷遇されていたみたい。当時はブリットポップ全盛期だったのも
関係しているだろう。

BUSH02.jpg

Sixteen Stone



1STの大ヒットをうけて、リリースされたセカンドアルバムが「Razorblade Suitcase」。
そして、誰もが驚いた鬼才スティーヴ・アルビニの起用。まさに異例の組み合わせ。
アルビニは徹底したインディー一徹・頑固オヤジだし、産業だなんだと批判されたBUSHと
組むなんて、当時の人間は誰も予想しなかったのではないだろうか。

BUSH03.jpg


Razorblade Suitcase



個人的な感想ですが、このセカンドは素晴らしい作品だと思う。別にアルビニどうのじゃ
ない。UK的な物悲しいメロディーとUS的グランジが上手く融合している。特に、「Swallowed
の美しさは突出している。誤解を恐れずに言えば、この曲を聴くだけでも価値がある。

その後、2枚アルバムをリリースするも失速。そして解散。時代の徒花だった、と評価して
しまえばそれまでだが、聴くべきところは多々あると思う。今やアメリカ的なスクリーモや
へヴィーな音を、イギリス人が独自に解釈して音楽を作っていく時代。やっぱりヒットする
ってことは、何らかの魅力があるからに他ならないと思うのです。


silverchair.jpg




続いて、オーストラリア産のSILVERCHAIRをご紹介。
これまたどこのビジュアル系(フロントだけ)かと思われるかもしれませんが、デビュー当時
はもっと、朴訥な感じでした。こうやって軽いゴスメイクするファッションは、今のパンクや
スクリーモ系のバンドに多大な影響を与えているようですね。
1995年に、まだ若干15~16歳でデビューした当時は、恐るべき子供達とか言われて
ました。ファーストアルバム「FROGSTOMP」は300万枚近くの売り上げを
達成し、アメリカで爆発的人気を得ることになる。

silverchair01.jpg


FROGSTOMP



前述したBUSHと比べるとすれば、よりシルバーチェアーは重い音を出していた。NIRVANA
というよりは、アリスインチェインズやサウンドガーデン。またはサバスのような、
ヘヴィーロック。当時は売れた反面、やはり幼稚だなんだと批判もされた。
続けてリリースしたのが、「Freak Show」。音楽性の幅を広げた力作。


silverchair02.jpg


Freak Show



これが前作ほどのセールスに及ばなかったせいもあってか、彼らに対する風当たりは
より強まったような気がする。だが、ここからが他の亜流グランジとは違うところ。
彼らは地元オーストラリアでは絶大的な人気があり(現在も)、アメリカでの受けが悪く
なっても、びくともしない基盤を築いていたのだ。99年リリースしたサードアルバムでは
ヨーロッパで高い評価を得て、02年にリリースされた「Diorama」は、何とあの
U2のボノも絶賛。PVにもなった「WITHOUT YOU」のスケールはマジでいい。凄まじい
エモーショナル度に圧倒させられる。しかしフロントマンのDaniel Johnsが病気を患い、
活動停止状態に。しかし今年に入って、ライブ再開とニューアルバムの情報が入って
きました! グッドシャーロットなどの若手パンク系にも尊敬されている彼ら。日本にも
いつか来日して欲しいですね。だいたいこれだけのキャリアなのに、まだ26とかそこら
なのだから(何気に自分と同じ1979年生まれらしいが)。


そんなわけで、個人的思い入れでこの二バンドについて書かせて頂きました。あの頃を
知らない、というか先入観の無い若いリスナーの方々、よかったらチェックしてみて下さい。
音楽の価値は、ごく個人的なもののはず。メディアが作ったレッテルも、「産業ロックだろ」
とうそぶく人たちの意見も、あくまで他人の価値観でしかないのだから。



(文責・某アルバイト)

買取のご依頼

※買取申込書のダウンロード

▲3/14(土)~この春最大の買取キャンペ-ン!!

PICK UP INFORMATION

▲【オンライン】3/27(金) 17:00~ BOB DYLAN CD/RECORD SALE

▲【オンライン】3/27(金) FOLK / SSWレコードセール

▲【オンライン】3/27(金)GARAGE / PSYCHレコードセール

▲オンラインショップ中古在庫毎日更新中!!
▲廃盤セール情報
▲初心者さん大歓迎!

お客さまの声

店舗情報

ディスクユニオン
新宿セカンドハンズ店

営業時間:
11:00-21:00(日・祝 11:00-20:00)

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-17-7
紀伊國屋ビル8F
TEL: 03-5367-9530
E-mail: ds11@diskunion.co.jp

新宿買取センター 併設
フリーダイヤル: 0120-582-970
(携帯電話: 03-3358-2890)
上記番号にご連絡頂く際に、間違い電話となってしまい一般の方へご迷惑をおかけする事象が多発しております。電話番号をよくお確かめのうえご連絡いただくようお願い申し上げます。

当店は全ジャンル(同フロアに専門店のあるクラシックを除く)のCD・レコードをメインに取り揃えた都内最大規模の中古専門店です。 新宿買取センターも併設しており、買取持込量はディスクユニオンのTOPを誇ります。 ご自宅までの訪問買取もぜひご相談ください。



高価買取リスト

▲ロック/プログレの2020年春版の高価買取リスト

▲5月31日(日)まで アニバーサリー企画・限定盤CD 高価買取リスト

▲5月31日(日)まで 1970年リリースロック名盤レコード高価買取リスト

▲4/1(水)~5/31(日)『新鋭プログレッヴ・ロック 2010-2020 CD 高価買取リスト』

▲4/1(水)~5/31(日)開催『ジェネシス 国内盤レコード 高価買取リスト』

▲4/1(水)~5/31(日)『ブリティッシュ・プログレ名盤 国内盤帯付CD 買取保証キャンペーン』

▲5/31(日)まで HIPHOP CD WANT LIST

▲6/30(火)まで HIPHOP/R&B WANT LIST

ブログ内検索

メールマガジンサービス

当店のメールマガジンは、買取キャンペーンや割引セール、廃盤セールなどの催しをお知らせいたします。又、メルマガ会員様のみにお知らせするお買い得なセールも不定期にて開催!!是非ご利用下さい!!

Twitter

facebook

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

東京都の天気

ACCESS TOOL